長崎カステラの老舗「杉谷本舗」|長崎の特産品「カステラ」のお取り寄せは本場長崎の老舗、杉谷本舗をご利用下さい。

杉谷本舗の長崎カステラ

創業文化8年(1811年)という老舗ならではの伝統の製法と、独自の技術によって作り上げたカステラを、「長崎カステラ紀行」と銘打ち、豊富な種類の味覚で表現いたしました。
現在、蜂蜜・抹茶・チョコレート・ざぼん・チーズ・青梅・五三焼き等を取り揃えております。異国の文化と長崎の伝統がとけあう豊かな味わいを、心ゆくまでご賞味いただければ幸いです。

長崎カステラの歴史

カステラは16世紀半ばにポルトガル人によって長崎に伝えられた南蛮菓子のひとつで、14世紀ごろのスペインにあった「カステイラ王国」の名前に由来しています。
カステラはのちに豊臣秀吉や徳川家康などにも献上されたと言われており、その味づくりは、約400年もの歴史が息づく長崎の銘菓として多くの人々に親しまれています。

杉谷本舗のカステラ 詳細→

ページ上部に戻る

おこしは、平安時代すでに「オコシゴメ」の名が見られるように歴史が古く、
いわばお菓子の原点です。和名抄に「蜜をもって米に和し煎ってつくる」とあり、
素朴な味わいと伝統は時代と共に受け継がれています。
日本の菓子のあけぼのは海をこえ唐(現在の中国)からやって来ました。
当時は、いくつか伝えられた唐菓子も、今では日本人の口に合った、おこしだけが残っています。

杉谷おこしの歴史

創業文化八年(1811年)。米どころ諫早にのれんをあげて以来、
諫早おこしの元祖として190年以上の歴史を持っています。
良質のお米を原料に、杉谷独自の製法でつくりあげたおこしの数々はいつまでも変わらぬ伝統の味として、
「身を興し、名を興し、家興し」と縁起のよいお菓子として、ご進物に、おみやげに、愛され親しまれています。

杉谷本舗のおこし 詳細→

ページ上部に戻る

杉谷本舗の洋菓子・和菓子 詳細→

ページ上部に戻る

杉谷本舗の期間限定商品 詳細→

ページ上部に戻る