カステラのたまごのはなし

カステラに使用する3種のたまご

カステラの主な原料をご存じですか?
カステラを見ると、だいたいの見当はつきますよね。

カステラの主な素材は小麦粉・卵・砂糖です。

今日は杉谷本舗で使われている3種類の卵についてお話します。

五三焼カステラだけに使用される「口笑卵(こうしょうたまご)」

1つ目は、弊社商品では「五三焼(ごさんやき)かすてら」だけに使われている”口笑卵(こうしょうたまご)”です。
この卵は、殻を割ってみると濃い黄色の卵黄と卵白が盛り上がっていて、手で持ち上げられるほど新鮮な卵です。
「五三焼かすてら」は、卵黄の割合を極限まで上げて使用しておりますので、しっとりとした口当たりと深い味わいが楽しめます。

カステラ「たまごのこころ」だけに使用される「うちのたまご」

2つ目は、「たまごのこころ」に使われている”うちのたまご”です。
「たまごのこころ」は、昨年の夏から販売されている新商品のカステラで、JR九州グループの鶏卵事業によってつくられた安全で安心な”うちのたまご”と呼ばれる卵を使っております。
弊社では、工夫を重ねて”うちのたまご”のコクのある豊かな風味を思いっきり楽しめるカステラに仕上げました。

地元産の新鮮卵

3つ目は、長崎カステラ紀行やどら焼きなどに使われている、地元で採れた新鮮な卵です。
新鮮な卵は、カステラやどら焼きなど、卵を使用するほとんどのお菓子にたっぷりと使われています。

卵の違いからも、その店その店の美味しいお菓子になるのだと思います。


2019年モンドセレクション金賞受賞の杉谷本舗の五三焼カステラ・プレミアムショコラ