長崎カステラについて

長崎カステラ・杉谷おこしの製造工程 着色料保存料無添加・徹底した品質管理

杉谷本舗インターネットショップ 杉谷本舗の商品をインターネットでお買い求めいただけます

杉谷本舗 七代目当主 杉谷徳隆 社長ブログ

杉谷本舗 本店

〒854-0025
長崎県諌早市八坂町6番10号
電話:0957-22-2306
FAX:0957-22-2307

杉谷本舗 橘店

〒854-0126
長崎県諌早市松里町1574-1
電話:0957-28-2277
FAX:0957-28-2318

杉谷本舗ブログ

2014年の記事一覧

杉谷本舗の秋色お菓子~その1~

2014年10月03日

こんにちは。杉谷本舗です。

朝と夜が涼しくなり、秋の気配が伝わってきます。

秋といえば、たくさん美味しいものがありますが、杉谷本舗の秋らしいお菓子たちを紹介していきたいと思います。

まず、初めに紹介させていただくのは…

大きな和栗がまるごと1個「栗どら」
杉谷本舗の栗どらは、小倉あんの中に大きな和栗がまるごと
1個入った、豊潤な栗の甘みが楽しめるどら焼きです。
栗本来の甘みを引き立てるために小倉あんは甘さをひかえ、
栗入り小倉あんをしっとりと焼き上げた生地で包み込みました。
ふんわり、しっとりとした生地と豊潤な栗の甘みが味わえる
逸品です。


10月12日(日)から諫早をメイン会場に
長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会が
長崎各地で開催されます。
杉谷本舗も各会場に売店を出す予定となっております。

詳細は、後日お知らせいたします。ぜひお立ち寄りください!

人気商品 『チョコメ』

2014年08月27日

こんにちは!

今日は、弊社人気商品『チョコメ』についてお話させてください。

『チョコメ』はひと口サイズのかわいいお菓子です。

『チョコメ』は名前の通り、チョコレート菓子のような米菓子のような、不思議な食感のお菓子です。

食べた方に感想を聞きましたら、”
ぽん菓子にチョコレートがかかった感じ”とのことでした。

チョコメは1箱で4種類の味を楽しめます。
 ① うるち米の干飯×ミルクチョコレート
 ② もち米の干飯×ミルクチョコレート
 ③ うるち米の干飯×ホワイトチョコレート
 ④ もち米の干飯×ホワイトチョコレート

同じチョコレートのものは、ぱっと見て同じに見えるかもしれませんが、うるち米ともち米なので食感が全く違います。うるち米は香ばしく、もち米の干飯は柔らかで溶けていく食感です。



ちょこっとかわいい『チョコメ』、お土産やおやつにいかがですか?

2_3_chokome_image.jpgチョコメ.jpg
 

たまごのはなし

2014年06月17日

カステラの主な原料をご存じですか?
カステラを見ると、だいたいの見当はつきますよね。

カステラの主な素材は小麦粉・卵・砂糖です。

今日は弊社で使われている3種類の卵についてお話します。

1つ目は、弊社商品では「五三焼(ごさんやき)かすてら」だけに使われている”口笑卵(こうしょうたまご)”です。
この卵は、殻を割ってみると濃い黄色の卵黄と卵白が盛り上がっていて、手で持ち上げられるほど新鮮な卵です。
「五三焼かすてら」は、卵黄の割合を極限まで上げて使用しておりますので、しっとりとした口当たりと深い味わいが楽しめます。

2つ目は、「たまごのこころ」に使われている"うちのたまご"です。
「たまごのこころ」は、昨年の夏から販売されている新商品のカステラで、JR九州グループの鶏卵事業によってつくられた安全で安心な"うちのたまご"と呼ばれる卵を使っております。
弊社では、工夫を重ねて"うちのたまご"のコクのある豊かな風味を思いっきり楽しめるカステラに仕上げました。

3つ目は、長崎カステラ紀行やどら焼きなどに使われている、地元で採れた新鮮な卵です。
新鮮な卵は、カステラやどら焼きなど、卵を使用するほとんどのお菓子にたっぷりと使われています。

卵の違いからも、その店その店の美味しいお菓子になるのだと思います。


 

自然の香りがする涼しい「フルーツゼリー」

2014年05月30日

 日に日に初夏が近づいていますね。
 夏になると、ひんやりとしたフルーツゼリーを食べて、ちょっと体も涼しい気分を味わいたいですね。

_THA6294.jpg20140524101238.jpg

 このゼリーは、6月~9月までの季節限定商品です。
 果物の自然な風味をまるごとゼリーで包みました。弊社では、次の5つの味をご用意しております。
  1.みずみずしいびわがまるごと1つ入った「びわ」
  2.さわやかな味と大きな果肉「グレープフルーツ」

  3.豊潤な桃の香りがうれしい「若桃(わかもも)」
  4.かわいさと甘酸っぱさが魅力「山桃(やまもも)」
  5.いちじくをワインでコンポートした「いちじく」

★若桃・山桃って?

 若桃とは・・・成長段階で早くに摘まれた桃。見た目は青梅のようです。シロップ漬けを使用しているので種まで柔らかいです。
 山桃とは・・・果物の桃とは別のもので、木に生る赤い果実です。長崎県では、山の中で見かける果実のようです。

 若桃には白桃のピューレを、びわにはびわのピューレを、グレープフルーツにはグレープフルーツのピューレをゼリー入れているので、最後までフルーツの美味しさをお楽しみいただけます。
 山桃は、ゼリーにワインを入れ、いちじくは、ワインでコンポートしているので、どちらも大人向けの上品な味わいです。


 プルンとした食感とともに、フルーツとゼリーが織りなす、みずみずしさを楽しみください。

 

大好評!弊社オリジナル商品「青梅カステラ」

2014年05月23日

 店頭には、青梅が並ぶ季節を迎えました。どの梅の実を見ても、青々しく新鮮で、思わず手に取って眺めたくなりますね。

 弊社オリジナルの青梅カステラをご存じですか?
1989(平成元)年に福岡で開催された「よかとピア」に出店し販売しました。
この時、ご好評をいただきましたので、引き続き販売しております。

★人気の理由は?
 カステラを開けた時から楽しみもあるからです。箱を開けた途端、爽やかな香りが立ちこめてきます。 カステラを包んでいる紙にも爽やかな香りが残っていて、食欲がそそられるカステラです。

「カステラ」と聞くと、黄色い生地のイメージがありますが、青梅カステラは抹茶のような色合いです。

20140505110749.jpgBP02_06_C.jpg

「青梅」と聞くと、どのような味を想像されますか?
たぶん、「すっぱい」と思われるのでは?
「青梅カステラ」と知らずに、初めて食べた大半の方は「何の味かなぁ?」と不思議に思うようです。
それは、青梅カステラは酸味はなく、フルーティな味だからです。

★青梅はどこに入っている?
 和歌山県産の青梅を砂糖漬けにし、細かく刻んだ青梅の果肉がカステラの底にザラメ糖と一緒に入っています。

「たまには、いつもと違う味のカステラも食べてみたい」と思う時に、ぜひオススメのカステラです。

弊社のカステラは10等分にカットされているので、箱を開けて、すぐに食べることができます。
ぜひ一度、お求めください。

ご閲覧ありがとうございました!


 

イルカが見えました

2014年05月19日

 新緑もまぶしい5月。みなさんいかがお過ごしですか?
 今日は、2~3年前
に杉谷本舗橘店の駐車場から見えたイルカについてお話します。
 杉谷本舗橘店は、長崎と雲仙の中間地点付近に位置しています。近くには林も多く、駐車場から青い海の橘湾が見えます。

 橘湾はとてもきれいな海で、晴れた日は太陽に照らされて、まるで海の中にビーズが散りばめられたようにキラキラと光る海です。
 弊社工場の屋上から見える波打ち際を見ると、海の底の岩まで見えて澄みきった海を満喫することができます。

 2~3年前の晴れたある日のこと、買い物に来られたお客様が駐車場から橘湾を眺められていました。
 海を見ると海面に何かピョンピョン動くものが見えたので、目を凝らしてしっかり見つめるとイルカが見えたそうです。イルカを見つけたお客様が「あっ、イルカだ!」というと、他のお客様も「どこ、どこ?」と言って駐車場に来られました。
 賑やかな声に誘われ、私たち従業員も駐車場に行ってみました。
 見てみると、海面に浮かぶ2~3匹のイルカの背びれが見えました。わずかな時間でしたが、初めて橘湾を泳ぐイルカを見て、とても感動しました。
 今でも駐車場に行くと「イルカに会えないかなぁ」とワクワクしてしまいます。

 地元の方のお話では、昔はもっとたくさんのイルカが見えたそうです。最近、イルカの姿はあまり見えないそうで、残念ながら私も2~3年前の春以来、イルカを見ていません。

 またいつの日か、お客様と一緒にイルカを見て感動できたらなぁ、と思っています。その時は写真に撮って、ブログでご紹介できればと思っています。

ご閲覧ありがとうございました!
 

黒おこしについて

2014年04月25日

こんにちは。杉谷本舗です。
このページを拝見いただきまして、ありがとうございます。

このごろはすっかり春めいてきました。
春の花を見ながらお茶をいただくと、ひと昔前の出来事を思い出して
懐かしくなってきます。
お茶のお供に杉谷本舗の「黒おこし」はいかがですか?

弊社は約200年にわたり、おこしを作り続けております。
黒おこしは今も昔も変わらない人気商品です。
カリッとした食感の秘密、それは「黒砂糖」です。
弊社では、おこしの中に黒砂糖の粒と粉をたっぷり使われております。

おこしを食べている時に「どんな工程でおこしがつくられるのかなぁ?」と
考えたことはありませんか?
ここで、黒おこしの製造工程について、お話します。

黒おこしの製造工程は

① 厳選されたうるち米を蒸し上げ乾燥させた「干飯(ホシイ)」を煎って
   膨らませておきます。製造工程写真

② 砂糖を加えた水飴を火にかけます。製造工程写真

③ ②に①と黒砂糖を加えて、混ぜ合わせます。製造工程写真

④ これを均一の厚さになるようにローラーにかけて、黒おこしのサイズにカットします。製造工程写真

⑤ カットされた黒おこしは1枚1枚丁寧に個包装され箱に詰めて、店頭に並べます。製造工程写真

やさしい甘さの黒おこしをぜひご賞味ください。
弊社の黒おこしを食べながら、製造工程も思い浮かべてみてください。
2倍おいしく感じるかもしれません。

ご閲覧ありがとうございました。
 

杉谷本舗の「真心」

2014年04月15日

 こんにちは。杉谷本舗です。
 このブログを拝見いただきまして、ありがとうございます。

 今日は、杉谷本舗が大切にしている「真心」について、お話いたします。

 杉谷本舗は、おかげさまで平成23(2011)年に創業200年を迎えることができました。
 弊社をご愛顧いただきまして、皆様に心から感謝しております。ありがとうございます。 

 弊社が創業した時は江戸時代末期の文化年間です。
 創業当時から現在まで、時代や環境も大きく変わりました。
 しかし、時代や環境が変わっても、人やものに対する「真心」は決して変えてはならないと強く思っております。
 私たちは、お客様の気持ちを第一に考え、「真心」を持って、お客様のご要望にお応えできるように努めております。
 お菓子を作る時も、お菓子を包む時も、お菓子をお客様にお渡しするときも、常に「真心」を心に刻み励んでおります。


 杉谷本舗の社訓と経営理念を紹介いたします。

   社   訓:真心

   経営理念:真心とと共に おいしさと幸せをお届けする

   <私たちの目指すもの>
    私たちは、真心のある人作りを第一に考え、時代と共に生き、おいしさを追求し、
    杉谷本舗に関わる全ての人に喜びと幸せをお届けし、社会貢献し続けます。

 これからも「真心」を包んで、お客様に「杉谷本舗のお菓子を選んで良かった」と言っていただけるような菓子作りに専念してまいります。

 ご閲覧ありがとうございました。

ブログ開始いたしました

2014年04月02日

こんにちは。杉谷本舗です。
このページを拝見いただきまして、ありがとうございます。

平成26年4月からブログを開始いたしました。
これからブログを通して、弊社の近況や商品についてご報告し、お客様に杉谷本舗をより身近に感じていただければ、と思っております。

はじめに、弊社についてご紹介いたします。
杉谷本舗は文化8(1811)年、長崎県米どころ諫早に「おこし屋」として、のれんをあげ、おかげさまで平成23(2011)年に創業200年を迎えることができました。本当に有り難い限りでございます。

杉谷本舗では、おこしの他にカステラやどら焼き、のんのこロールやチーズケーキ、ゼリーなどバラエティ豊かなお菓子をご用意しております。
インターネットの注文も受け付けております。商品のお申込みから約1週間内にお客様のお手元にお届けいたします。

杉谷本舗本店外観です。
 

弊社の店舗は、諫早市中心部の八坂町「本店」と、橘湾に隣接し工場が併設する「橘店」がございます。
本店は地元のお客様が多く来店されております。当店では、10台が収容できる駐車場、おいしいお茶と試食をご用意してお待ちしております。
橘店は、長崎市と雲仙の中間地点に位置し、団体様もご利用いただけるようにバス10台が収容できる駐車場を完備し、弊社の商品や色々な九州のお土産も取り揃えております。橘店もお客様にゆっくりとくつろいでいただけるように、おいしいお茶と試食をご用意しております。
ぜひ一度お立ち寄りください。

これからも杉谷本舗をよろしくお願いいたします。

ご閲覧ありがとございました。